Kamaishiコンパスからのお知らせ

INFORMATION

ご寄付をいただいた皆さまへのお礼とご紹介

こんにちは!釜石コンパス事務局のつねやです。

釜石コンパスは地域内外の方々にご協力をいただいていますが、

今回は昨年末にいただいたご寄付等についてご紹介をさせていただきます。

※寄付者・寄贈者名については、公開のご了承をいただいた方のみ掲載しております。

☆釜石市のふるさと納税を利用したご寄付☆

レイモンド・ウォングさん、みつはしあきこさん、UBSグループの皆さんからご寄付をいただきました。次年度の事業に大事に活用していきます!

レイモンドさん、みつはしさんは昨年の釜石コンパスプログラムにも講師として参加してくださっています。レイモンドさんはサポーターズ交流会にも参加いただいています。

様々な形で応援をしていただき、大変うれしく思います^^

※「釜石ふるさと寄付金」を活用した寄付については過去のブログを参照(https://kamaishicompass.com/information/news/?p=570/)

※みつはしさんの登壇した講座の様子はこちら(https://kamaishicompass.com/information/news/?p=578/

みつはしさんのHP(https://mitsuhashiakiko.com/

☆iPad&ヘッドセット / ノート・メモ用紙のご寄贈☆

UBSグループの皆さんからは、上記のふるさと納税に加えて、iPad&ヘッドセットを10セット、ノート・メモ用紙もご寄贈いただきました。

iPad&ヘッドセットは釜石コンパスのオンライン講座をより双方向性にするためや、双方向での新しい交流・学びの機会の創出に活かします。ノートとメモ用紙は釜石高校・釜石商工高校の生徒に配布し、生徒さんが日常的に利用してくれています♪

UBSグループは本事業の立ち上げ前から釜石市に長期的な復興支援で関わっており、毎年釜石コンパスにも数十名の社員の方が講師として参加してくれており、釜石コンパス実行委員会のアドバイザーとして日常的に運営面での助言もいただいています。

※UBSグループの地域貢献活動についてはこちらを参照(https://www.ubs.com/jp/ja/about/csr/community.html

釜石コンパスはこれからも釜石の高校生を中心とする若者にたくさんの社会人との対話を通じた学びを提供してまいります。また、近年では釜石コンパスを経験した卒業生が大学生や社会人として釜石コンパスを支える仲間として関わってくれる例も出てきており、続けてきたことの手ごたえを感じています。今後も活動を推進し、安定的な運営を実現するためには皆様のご支援・ご協力が力になるとともにモチベーションにもつながっております。

本当にありがとうございます。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!