釜石コンパスについて

ABOUT

Kamaishiコンパスとは?

釜石コンパスは釜石の高校生が「自分の意思で将来・進路を考え、行動していく」チカラを育むことを目指して、取り組みを進めています。

多様な可能性を知り未来の地図を描く「釜石コンパス」

釜石コンパスは、高校生が人生のセンパイから生き方・働き方について学ぶプログラムです。
きっかけさん(講師)との対話を通じて、多様な経験や価値観を知り、感じたことや疑問に思ったことについて対話交流する経験を重ねます。
そして、進路や将来について考えを深め、自分らしい一歩を踏み出すきっかけを提供していきます。
また、高校生の興味関心に合わせた情報発信や個別相談にも対応しています。

きっかけさんとは?
多様な経験を持つ社会人の皆さんとの出会いや交流に“これからの進路選択のヒントやきっかけがあると良いな”。そんな気持ちを込めて、釜石コンパスでは講師の皆さんを「きっかけさん」と呼んでいます。

釜石コンパスが目指すこと

学校生活と両立し、社会を知る・関わる、多様な視点を身につける機会を地域協働で創りだす。それが釜石コンパスです。

高校生が自分の意志で将来・進路を考え、行動につなげられるように

釜石は日本の近代製鐵発祥の地として、三陸漁業の中心港として発展しましたが、製鐵所の高炉休止などによって、急激な人口減少、少子高齢化を経験し、現在は高校も4校から2校に統合されています。また、他の地方都市と同じく釜石も仕事や生き方の選択肢は多くはなく、情報に触れることも容易ではありません。

一方で、釜石は東日本大震災からの復興プロセスを通じ、多くの「つながり」を得られました。

この「つながり」を生かし、地域内外の社会人との交流や地域活動を実践する機会を通じて、高校生の進路・将来選択のイメージや意識を醸成し、主体的に学び、行動するためのきっかけを創出しています。

高校生との対話は大人にとっても深い学びの機会となり、「Kamaishiコンパス」は子どもと大人が地域で学びあうためのエコシステムを目指しています。

Kamaishiコンパスが生まれるまで

高校生自身や保護者、学校の先生、行政や地域の大人など、 まちの様々な人の想いやニーズから、釜石コンパスは生まれました。

高校生
  • 地域のことや社会のことを知りたい
  • 学校や家族以外からも情報を得たい
  • でも…授業や部活動で忙しい
学校・先生
  • 地域と接続した学びの機会を作りたいけど、地域とのつながりってどうやって作ればいいの?
  • 授業や部活指導だけでも忙しい
保護者
  • 学校でどんな進路サポートが?
  • 進路決定のプロセスは?
  • 子どもには好きなことを見つけてほしい
地域・行政
  • 地域をもっと知ってほしい
  • 自分の経験やスキルを若者のために活かしたい!
  • 高校生はどんなこと考えてるの?

高校生のためのキャリアデザイン

釜石コンパス

「学校生活と両立」し「社会を知る・関わる」「多様な視点を身につける」機会を「地域協働で創りだす」

釜石コンパスで伝えたい“4つのこと”

4つの要素を各回のプログラムに盛り込みながら、相互作用を生んでいきます。

自分を知る/視野を広げる/前向きな思考/未来を描く